「青魚がよい」には理由があった | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

「青魚がよい」には理由があった

昔から青魚は体に良いといった話がされていました。これは、青魚にDHA・EPAが多く含まれていることがわかり、科学的にも実証されています。最近ぼーっとしてしまう、もっと勉強したいという方はDHA・EPAを多く摂ることをお勧めします。しかし、魚を食べるのはなかなか毎日とはいかない。そんな人にはDHA・EPAサプリ。

DHA・EPAの効能を説明します

DHAは正式にはドコサヘキサエン酸といいます。考える能力や覚える能力の維持について重要な働きを担っていることが解明されています。また、EPAはエイコサペンタエン酸といい、身体の循環機能を維持するのに必要となる成分です。心血管疾患のリスク低減、血中中性脂肪の低下、血圧の改善、乳児の育成、行動、視覚発達の補助といった効果を期待できます。また、うつの症状の緩和やうつ病罹患の予防効果もあるといわれています。WHO(世界保健機関)やFDA(米国食品医薬品局)といった国際的な機関もその効用を認め、摂取を推奨している成分です。

DHA・EPAを効果的に摂取するにはサプリ

かつてDHA・EPAを1日約1グラム摂取するよう推奨されていました。DHA・EPAが多く含まれているのはマイワシやサバ、サンマ、クロマグロ、ブリといった青魚の脂身です。ただし、1グラムを摂取しようとなるとかなりの量を食べる必要があります。また、刺身で食べればよいのですが、焼いたり、煮たり、揚げたりと調理をするとDHA・EPAは減少してしまいます。また、DHA・EPAは酸化しやすいという特徴もあり、新鮮なものを食べる必要があるとかなり制限があります。食事で摂取しつつも、DHA・EPAサプリメントで補うことが必要です。

DHA・EPAサプリメントの選び方

では、どういったDHA・EPAサプリメントを選ぶとよいのかですが、含有量や酸化防止の有無、素材をチェックするようにしましょう。まず、含有量ですが、商品によって含有量のばらつきがあります。成分表を見て、できるだけ多いものを選びましょう。次に酸化防止成分の有無ですが、DHA・EPAは酸化しやすいといった性質があります。これも商品によって酸化防止の機能が異なりますので、製法や酸化防止成分の配合をチェックして購入を決めましょう。そして、良質な素材ですが、新鮮な魚油を使用しているサプリメントを選びましょう。

まとめ

DHA・EPAは必須脂肪酸で、体内では作成されないため、必ず外から摂取する必要があります。食事での摂取が難しければ、良質なサプリメントを活用して、継続して必要量を取得できるよう工夫しましょう。

>>DHA・EPAたっぷりのおすすめサプリ

TOP