DHA・EPAサプリを選ぶ際に覚えておきたいこと | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

DHA・EPAサプリを選ぶ際に覚えておきたいこと

昨今、健康に良い成分として注目されているのがDHAとEPAです。この成分はいずれも青魚に含まれている成分であり、人間が自ら生成することが出来ない成分でもあります。厚生労働省はこれらをそれぞれ1日1gずつ摂取することを推奨しています。しかし、実際の摂取量が推奨量を超えている方はほとんどいないのが現状であり、DHA・EPAサプリの重要性が高まっています。

DHAとEPAの持っている効果

厚生労働省の推奨している量は1gであり、一見決して多くはないようにも感じられるかもしれません。しかし、DHA・EPAは青魚を一切れ食べた程度では実はあまり摂取することが出来ません。つまり、魚をよく食べている方でもDHA・EPAが不足しているケースもあります。DHAはドコサヘキサエン酸の略であり、血液をサラサラにする役割を担っています。EPAはエイコサペンタエン酸の略であり、血管を柔らかくする効果を持っています。つまり、この二つの栄養成分を摂取することは、血液や血管を健康に保つことに繋がります。積極的に摂取するべき成分といえます。

DHA・EPAサプリの選び方とは

DHAとEPAを食事だけで摂取しようとすると毎日たくさんの青魚を食べなくてはいけません。それはなかなか難しい方も多いため、DHA・EPAサプリを利用することが有効となっています。DHA・EPAサプリを選択する時は大前提として長期に渡って摂取できる物を見つけることが大切です。いかに素晴らしい栄養成分を含んだサプリであっても、非常に高額であった場合や味が飲みづらい場合は飲み続けることが困難になります。特に飲みやすさは非常に重要です。サプリは毎日飲むのが基本なので、そのことが苦痛になるのは好ましくありません。飲みやすさを確認してから、常用するサプリを選ぶという手段もあります。

様々な栄養成分が配合されているサプリについて

DHA・EPAサプリは非常に注目されているため、各メーカーが技術の粋を集めて開発しています。DHAとEPAのみを含んでいるサプリよりも、そこにさらに他の栄養成分を含んだサプリが増えています。自分に足りていない栄養成分を補うにはうってつけです。しかし、他の栄養成分が含まれているからといって、DHAやEPAの量が少なければ本末転倒です。そのため、サプリを選ぶ際にはそれぞれの栄養成分の配合量を確認しておくことが重要です。普段ほとんど青魚を食べない方の場合、特にDHAとEPAの量が多い物を選択する必要があります。逆に青魚を比較的食べている方なら他の栄養成分もバランス良く含んだ物を選択することも有効です。

まとめ

DHA・EPAサプリはたくさんの健康食品メーカーから発売されています。サプリを比較検討する際には一ヶ月後、半年後、一年後を想像して自分が飲み続けられるかをよく考える必要があります。そのため、飲みやすさに関しての確認も大切です。最近では飲みやすさを重視したサプリを販売されています。味の好みは人それぞれなので、様々なサプリを試してから常用する物を選ぶのも一つの手段です。

>>DHA・EPAサプリの購入前にチェック

TOP