年齢を重ねると必要になってくる栄養素EPAやDHAの必要性 | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

年齢を重ねると必要になってくる栄養素EPAやDHAの必要性

朝、起きてなんだか体がだるい感じが続く人が大勢います。それはDHA・EPAが足りていないせいだとよく言われます。そもそも、DHA・EPAは青魚に多く含まれる成分です。実際、最近は魚より肉を食べる人が多いのでDHA・EPAが不足している人が増えているのでしょう。

DHA・EPAはどうして必要なのか

DHAやEPAは青魚に多く含まれていると言われています。実際、DHAは考える・覚える力の維持や健康維持に、EPAはめぐりをよくしてくれます。これらが足りていないと物忘れが多くなったり、ぼんやりしてしまうことが多くなるわけです。最近、調子が出ないとかいつの間にかぼんやりしていたと、心当たりがあるのなら是非、青魚を食べるべきでしょう。しかし、最近ではDHA・EPAサプリで補う人も増えています。実際、DHA・EPAサプリを摂取するようにすれば魚が苦手な人でもDHA・EPAを摂取することができます。それにDHA・EPAサプリの中には飲みやすいモノも含まれています。

一日、DHA・EPAはどれだけ必要になってくる

一日に十分な量は一日あたり約一グラムです。しかし、たった一グラムでもそれだけを摂取するためには青魚をどれだけ食べなくてはいけないんでしょう。そもそも、調理の過程でDHA・EPAは減少してしまいます。例えば、生魚を百パーセントにすると焼魚や煮物で二十パーセント、揚げ物では半分も減ってしまいます。それなら、生魚だけ食べればいいと思うかもしれません。しかし、生魚だけを食べるというのはなかなか大変です。先にも述べたように魚が嫌いならなおさらです。それに魚は時間がたつにつれ、鮮度が落ちてしまいます。鮮度の落ちた食材を生で食べたら今度はお腹を壊してしまいます。

だからこそ、DHA・EPAサプリで補うべき

結局、足りなかったらDHA・EPAサプリで補えばいいわけです。ただ、DHA・EPAサプリはいろんなメーカーから出ています。しかし、どのサプリが自分にあったモノか確認しておくことが必要です。最近では比較サイトなどで人気のあるモノが紹介されています。一般的には飲みやすいモノが人気があるようです。ちなみにサプリによっては含まれているDHA・EPAが違います。なので、成分表などを比較検討してみるといいかもしれません。さらに、飲み忘れがないようにあらかじめ、飲む時間を決めておくといいでしょう。自分だけでなく家族の分も購入するのもいいかもしれません。

まとめ

最期にあまり、人気のサプリにこだわらないことです。結局、その理由は飲むのは自分自身だからです。どんないいサプリでも体質に合わなかったら無理に飲まないほうがいいでしょう。最近ではDHA・EPA以外にも体にいい栄養素を含んだモノも販売されています。

>>食生活の変化による健康への影響

TOP