青魚の代わりにデメリットも確認してから摂取したいサプリメント | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

青魚の代わりにデメリットも確認してから摂取したいサプリメント

ストレスの多い現代社会において、誰もが少なからず自分の健康に不安を抱えているようです。特に年齢を重ねて高齢となってきた人にとってうっかりしていた、ぼーっとしていたなどが増えていると実感している人も少なくはありません。そしてその対策としてサプリメントの摂取を検討している人が以前よりも増えてきています。

魚の消費量が減少している日本人の食生活

食生活や生活習慣の乱れによる生活習慣病は誰にとっても気になることです。健康診断の結果を気にしている人も多くいます。加齢による様々な体の不調を自覚しながらも、いつまでも若々しくいたいと考えている人もいます。元気で健康的な生活を送りたいと考えている人にとって摂取したい主な栄養成分はドコサヘキサエン酸とも呼ばれるDHAとエイコサペンタエン酸というEPAです。これらの栄養成分は主に青魚に多く含まれています。青魚が体に良いということはずっと以前から言われていることです。しかし、最近の日本人の食生活の中で、魚の消費量はかなり減ってきています。

食事だけでは十分に摂取することが難しい栄養成分

日本人はもともと魚好きの民族だといわれてきました。実際に今でも魚が好きな人は多くいます。魚の重要性が注目されていながらも、好きだからしっかり摂っている人と食べていないために摂れていない人との差も大きいというのが現状です。またいくら青魚をしっかり食べていても必要とされるDHAとEPAの摂取量は十分に摂れていないようです。それだけ食事だけで必要な栄養成分を摂取することは難しいといわれています。そんな場合に最適なのがサプリメントを使用することだといえるでしょう。DHAは青魚に含まれる不飽和脂肪酸で、血液を固まりにくくする作用があり動脈硬化や脳の老化防止が期待されています。EPAも青魚に含まれる必須脂肪酸で血栓を防止する成分を含み、生活習慣病の予防、改善にも効果があるとされています。

栄養成分の摂取には最適なサプリメントの利用

青魚に含まれる栄養成分は、毎日元気で暮らしていくためにも非常に重要です。しかし、食事ですべてを補うことが不可能であれば、DHA・EPAサプリの利用がいちばん効率的な方法といえるようです。最近は様々なサプリメントが販売されています。また、同じ栄養成分のサプリメントでもその種類は豊富です。DHA・EPAサプリも、カプセルや錠剤などの形状や栄養成分の吸収率の違い、また飲む分量の違いなどによってたくさんの種類があります。いろいろ確認して自分に合ったDHA・EPAサプリを選ぶことが大切ですが、デメリットがあることも忘れてはいけません。DHA、EPAはともに酸化しやすいというデメリットがあります。そのため、ビタミンcなどの抗酸化成分も一緒に摂ることが望ましいとされています。

まとめ

健康に不安がないという人でも調子が出ないということもあります。体の状態は日々変化しています。食事で栄養を摂れることが望ましいことではありますが、無理をしてストレスをため込むよりもサプリメントの利用で毎日を元気に過ごすことができればそれは健康のためには最適な方法といえるはずです。

>>青魚不足を感じているならこのサプリ

TOP