コレステロールを下げる効果のある食品はこれだ | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

コレステロールを下げる効果のある食品はこれだ

悪玉コレステロール(LDL)値を下げるための重要なポイントとして、「栄養バランスのとれた食事を摂取すること」が挙げられています。では、コレステロール値を下げてくれる効果を持っているのはどんな食材や食品でしょうか。

 

EPAとDHAを豊富に含む食品を選びましょう

必須脂肪酸の1つであるEPA(サイコサペンタエン酸)には、血液の流れを改善して心筋梗塞のリスクを低下させる働きと、中性脂肪値を下げる働きがあります。一方、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、脳の働きを活性化する働きに加えて、善玉コレステロール(HDL)を増やす働きがあります。ですから、これら2つの栄養素を取り入れることによって、LDLを下げることができるのです。

EPAとDHAを豊富に含む食材の代表格は、イワシやサンマ、サバなどの「青魚」です。また、マグロの赤身やウナギの身にも多く含まれています。ただし、EPAとDHAは熱を加えると栄養価の大半が失われてしまうので、可能であれば焼き魚や煮魚ではなく、刺身で食べるようにしましょう。

 

食物繊維を豊富に含む食材がおすすめです

肝臓で生成・分泌される物質の1つに「胆汁酸」というものがあります。この胆汁酸を生成する際に、肝臓はLDLを大量に消費します。つまり、肝臓が胆汁酸を多く生成すればするほど、体内におけるLDL量は下がるという訳です。水溶性の食物繊維には、胆汁酸を体外へ排出することで、肝臓が新しく胆汁酸を生成するよう促す働きがあります。ですから、食物繊維を豊富に含む食材を摂取することによって、LDL値を下げることができるというわけです。水溶性の食物繊維を豊富に含むのは、ブロッコリーやニンジン、豆類および海藻類です。食物繊維は加熱しても失われないので、煮物などで摂取すると良いでしょう。また、玄米や五穀米などもおすすめです。

 

納豆にもLDL値を下げる効果があります

納豆には、血流を改善する効果を持つナットウキナーゼの他に、サポニンやレシチン、ビタミンKなど、コレステロール値を低下させる栄養素が幾つも含まれている健康食です。LDL値がかなり高いという人は、少なくとも1日1食は納豆を食べるようにしましょう。

 

まとめ

LDL値を下げる効果のある食材は数多くあるので、それらを上手に組み合わせて献立の中に取り入れるようにしましょう。とはいえ、そうした食材を食べ過ぎてカロリーを過剰に摂取をしてしまっては何にもなりません。ですから、各食品・食材のカロリー量についてもきちんと調べておくと良いでしょう。

TOP