コレステロールを下げるにはどんな運動が効果的か | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

コレステロールを下げるにはどんな運動が効果的か

悪玉コレステロール(LDL)値が高い人に共通しているのは、「慢性的な運動不足」と言われています。では、LDL値を効率よく下げるためにはどんな運動を行う必要があるでしょうか。キーワードは「脂肪を燃やすトレーニング」です。

 

ジョギングやウォーキングで基礎代謝をアップさせましょう

中性脂肪が体内で多くなると、LDL値も徐々に上昇して行きます。ですから、体内の中性脂肪を減らすトレーニングを行うことがポイントとなります。脂肪を効率良く燃やしたいなら、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を定期的に行いましょう。有酸素運動には体内の脂肪を燃焼させることに加えて、血流および基礎代謝をアップさせることにより、脂肪が付きにくい体へと変化させる働きがあります。トレーニングを20分以上継続して行うことで、脂肪の燃焼効率は飛躍的に向上します。ですから、毎日可能であれば30分以上の有酸素運動を行いましょう。

 

ウエイトトレーニングで筋肉量を増やして脂肪が燃えやすい体を目指しましょう

体内の筋肉量が増加すると、基礎代謝が向上して脂肪が燃えやすくなり、コレステロール値も下がります。特に、肩周りや腕、太ももにある大きな筋肉を鍛えると、基礎代謝は大幅にアップします。これらの筋肉はトレーニングジムへ行かなくても自宅でしっかりと鍛えることが可能です。例えば、肩周りを鍛えるには腕立て伏せや懸垂、太もも周りはスクワットをすると良いでしょう。ダンベルを活用したり、バランスボールを使って負荷を上げたりすることにより、短期間でトレーニングの効果を実感することができるはずです。こうしたウエイトトレーニングを行って体が温まった状態でランニングやウォーキングなどを行うと、脂肪の燃焼効率はさらに良くなります。

 

摂取カロリーをチェックする習慣を持つこともポイントです

コレステロール値を効率よく下げるためには、毎日どれほどのカロリーを自分が摂取しているのかを知っておくことも大切です。どれだけトレーニングを一生懸命行ってカロリーを消費していたとしても、それを上回るカロリーを食事から摂取してしまうと、コレステロールを下げる効果はほとんど期待できないでしょう。ですから、自分の口にするものがどれほどのカロりー量なのかを常時チェックするよう心がけましょう。

 

まとめ

健康を維持するためにLDL値を下げたいと考えているなら、カロリーの高い食事を避けると同時に、ジョギングなどの有酸素運動とウエイトトレーニングを組み合わせて行うことがポイントとなります。また脂肪燃焼をサポートするサプリメントを活用するのも良いでしょう。

TOP