コレステロールの高い人が避けるべき食品は? | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

コレステロールの高い人が避けるべき食品は?

コレステロールは体内の血管や細胞壁などを強化する働きがあるので、ある程度の量を定期的に摂取することは必要不可欠です。

とはいえ、過剰に摂取してしまうと肥満や高脂血症などの成人病、さらには狭心症や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。ですからバランスを考えた摂取がとても大切なのです。では、すでに悪玉コレステロール(LDL)値がかなり高い人は、どんな食事や食材を避けると良いでしょうか。

 

卵や肝などの摂取はできるだけセーブしましょう

鶏卵にはタンパク質やビタミンBなどの栄養素が豊富に含まれている一方、コレステロール値が非常に高いことでも知られています。ですから1日1個までを目安にしましょう。また、筋子やたらこなどの魚卵、あんきもなども少しの摂取でLDLの値が大きくアップしてしまうので注意が必要です。ですから、魚を食べる時は下処理をする際に卵や肝の部分はできるだけ取り除くように心がけ、油で揚げるのではなく、ゆでるか蒸して食べるようにしましょう。また、鶏や牛のレバー、ホルモンなどを食べる際も同様に、油を使わない方法で調理し、少量だけ食べるように心がけましょう。

 

塩分の多い乾燥食品も注意が必要な食品です

スルメやカワハギなどの乾きものは塩分が大量に含まれているため、少量摂取するだけでも中性脂肪値やLDL値が悪化してしまいます。また、アジの開きやシシャモ、煮干しやシラスなどにも塩分がたっぷりと含まれているので、定期的に摂取しているとLDL値に悪影響を及ぼすことが知られています。ですから、特に魚介類の加工食品や乾燥食品を食べる際には、事前に塩分の含有量などをチェックするよう心がけておきましょう。

 

乳製品にも意外と多くのコレステロールが含まれています

バターやチーズは良質なタンパク質をたっぷりと含んでいる一方で、コレステロールも多く含まれています。ですから、摂取量は意識して少なくするようにしましょう。また、市販されている甘いクッキーやビスケットには、バターではなくより安価な動物性油脂であるショートニングが使用されています。これは中性脂肪値やLDL値を悪化させるだけでなく、アレルギー症状を引き起こすリスクも確認されていますから、極力摂取しないように注意しましょう。

 

まとめ

コレステロールは健康維持に不可欠な栄養素です。とはいえ、LDL値が高い人は健康を守るためにも塩分や糖分の多い食品、また乳製品の摂取量を意識するようにしましょう。また、LDL値を下げる効果を持つサプリメントを活用するのもおすすめです。

TOP