EPAの効用とサプリメントの選び方について | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

EPAの効用とサプリメントの選び方について

EPAは健康維持や病気の予防に有効な不飽和脂肪酸という成分ですが、体内では作り出せないので、食品から取ることになります。この成分の特徴、効用とこれを含む食品やサプリメントに関して紹介していくつもりです。

この成分にはこんな効用があります。

健康のために大切な栄養成分と言われるEPA、DHAは不飽和脂肪酸という体に必須の脂肪酸ですが、体内ではほとんど作られることがありません。これらはアジやサバなどの青魚に多く含まれているので、魚やサプリメントから取ることが必要になってきます。この二つの成分は、心疾患のリスクを少なくしたり、血液をサラサラにして血中の中性脂肪を低下させるなど、体の健康に役立つ他、うつ病の症状を緩和するなど、心の健康にも役立つ効用を持っています。これらを十分に摂取していれば、毎日を生き生きと元気に過ごせる力が湧いてきたり、アンチエイジングにも役立つと言えます。

EPAとDHAの違いにはこんな点があります。

EPAとDHAは共に脂肪酸であり、似たような効果があるので、一緒に解説されることが多いのですが、それぞれ異なる点があります。EPAの場合は、最も大きな効用は血管や血液の健康を守るということで、これを摂取すると血管は柔らかくなり血液の流れが良くなると言われています。これは特に高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞などの予防に役立ちます。これに対してDHAは脳の働きを活性化したり脳の老化を抑止する働きを持ち、乳幼児の脳や視覚の発達に大きな役割を果たし、認知症改善にも効果的だと言われています。また、EPAは摂取すれば血液中に増えやすく、DHAは増えにくいとされています。

EPAのサプリメントを選ぶときの注意点

厚生労働省は、過去にこの二つの成分の推奨量を一日あたり1gとしましたが、これを食品だけで摂取することは難しいのでサプリメントの利用が有益になってきます。これらを含むサプリメントはたくさんありますが、選ぶときにはまず必要な量がしっかり取れるかどうかということや、安心できる良い素材を使っているかということなどをチェックするべきでしょう。また、これらは酸化しやすいので抗酸化成分が入っているものの方が望ましいと言えます。さらにサプリメントは毎日摂取するものなので、その味や匂いが受け入れられて、自分にとって飲みやすい形のものを選ぶようにすると良いでしょう。

まとめ

体に大切な成分であるEPAを充分に摂取することはさまざまな年代の人にとって必要なことであり、それぞれが自分に合った食品やサプリメントを使って、きちんとこの成分を取り入れて健康を維持していくことが望まれます。

>>DHAの効果はこちら

TOP