コレステロールを下げる効果の高いお茶と言えば? | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

コレステロールを下げる効果の高いお茶と言えば?

お茶には糖質や脂質が含まれておらずカロリーも非常に低いため、体に優しい飲料として広く親しまれています。では、血中のコレステロール値を下げる効果を持つお茶にはどんなものがあるのでしょうか。

コレステロール溶解作用のある含む緑茶

緑茶に多く含まれている「カテキン」には、血中に取り込まれたコレステロールの溶解作用を抑えることにより、血中濃度の急激な上昇を妨げる働きがあります。加えて、カテキンには強い抗菌・抗酸化作用があり、体内に存在する毒素を無効化して体外へ排出してくれる働きがあります。ですから、脂質を多く含む食事を取る時だけではなく、体調が悪い時や風邪気味の時などにも意識して飲むようにしましょう。

 

中性脂肪を減らすローズヒップティー

ローズヒップティーにはビタミンCやカルシウムなどの強い抗酸化作用を持つ栄養素および食物繊維が豊富に含まれています。特に食物繊維には肝臓の機能強化および循環改善の作用があるため、定期的に摂取することでコレステロール値だけでなく中性脂肪や内臓脂肪を減らす効果も期待できます。

悪玉コレステロールを抑えるルイボスティー

ルイボスティーにはケルセチンという栄養素がたっぷりと含まれています。このケルセチンには強い抗酸化作用があり、体内に発生した活性酸素を取り除いてくれる働きがあります。この活性酸素が減ることによって、悪玉コレステロール(LDL)の増殖を大きく抑えることができます。加えて、ケルセチンには腸内環境を整えて栄養の吸収をサポートする作用もあるので、健康維持にはもってこいのお茶と言えるでしょう。

血糖値の上昇を抑える紅茶

紅茶にはさまざまなタイプのポリフェノールが含まれています。その中でもコレステロールを下げる効果が高いのはテアフラビンという栄養素です。このテアフラビンは体内に発生した活性酸素を除去して、LDLの働きを抑制する働きがあります。さらにテアフラビンには中性脂肪の増加や血糖値の急激な上昇を抑える働きもあるので、内臓脂肪や皮下脂肪、血糖値が気になるという人には大変おすすめです。ただし、ポリフェノールの効果が持続するのは3時間前後とされているので、1度にまとめて飲むよりも少しずつ定期的に飲む方が良いでしょう。

まとめ

コレステロールを下げる効果を持つお茶は他にもウーロン茶やハーブディーなど数多くありますから、気分に合わせて色々なタイプのを少しずつ楽しんでみるのも良いでしょう。また、忙しくてゆっくりお茶を楽しむ時間がないという場合には、各有効成分を抽出したサプリメントを活用するというのもおすすめです。”

TOP