DHAの歴史と効果と含まれている食品 | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

DHAの歴史と効果と含まれている食品

DHAは健康食品の中に積極的に取り入れられている成分です。正式名称はドコサヘキサエン酸であり、オメガ3脂肪酸の1種です。魚介類食品には多く含まれていて、その効能には様々なものがあります。ここでは含有されている食品と効果を紹介していきます。

DHAはイヌイットの食生活の研究で発見されました

DHAは比較的最近発見されたばかりの物質です。1970年にアメリカがイヌイットの住民の健康状態を調べてみたところ生活習慣病にかかっている人の割合が少なかったので、彼らの食生活を調査しました。イヌイットは野菜をほとんど食べませんがアザラシを主に食べていました。このアザラシにDHAが豊富に含有されていることがわかったのです。そうして研究が進んでいって健康を維持するのに有用な働きがいくつもあることが判明したのです。たとえば、血圧上昇の抑制やコレステロール値の改善などです。特に、後者は現代の中高年にとって非常に重要な問題です。

悪玉コレステロールを減らしてくれる働きがあります

DHAの効果の中でもっとも注目されているものはコレステロール値の上昇抑制効果です。コレステロールという言葉を聞くと体に良くないものとイメージされますが、実はそれは種類にもよるのです。コレステロールには善玉と悪玉の2種類があり、体に害悪を与えるのはあくまでも悪玉コレステロールのみです。善玉コレステロールはいくら存在していても悪影響はありません。この悪玉が増加してしまうと高脂血症や動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。この悪玉を減らしてくれるのがDHAの役割です。日常から摂取するようにしましょう。

含有されている食品の代表格は青魚です

DHAが多く含まれている食品には青魚が代表的なものになります。マグロ、イワシ、サンマ、サケなどがあります。これらの食品は日常の食卓でもよく出されるものなので身近な食品です。そのため、普段から積極的に摂取すれば良いだけです。特に、サケはサケフレークで販売されていますので、毎日の食事のときにご飯にふりかけて食べると習慣がつきやすいです。また、マグロの場合は生のままで食べることが望ましいです。炙ったり温めたりすると栄養素が逃げてしまってDHAの効果が半減してしまうので、注意が必要です。魚が苦手な人にはサプリメントがおすすめです。

まとめ

DHAは比較的歴史が浅いですが、生活習慣病を改善するのに非常に役立ちます。特に、悪玉コレステロールを減らすのに効果が高いです。食品としては青魚に多く含まれていますので、普段の食事に取り入れましょう。

>>EPAの効果はこちら

TOP