魚料理の代わりにコレステロールを下げるサプリをうまく活用 | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

魚料理の代わりにコレステロールを下げるサプリをうまく活用

栄養分の多くは、普段の食事からとれるとされています。ただ、偏った食事などをすることもあり、必ずしも取れない栄養分もあります。サプリならいつでも必要量が摂取できるので、効率良く補うことが可能です。

普段の食事ではとれない分を補うことを意識する

日本は海に囲まれています。そのことから比較的魚介類は昔からよく食べていました。重要な蛋白源だったとされています。その中でも青魚といわれる魚は良く食べられていたようです。あまりにもよく取れるので、価値が少ないといわれることもありました。でもこの青魚には栄養分が多く含まれているとされ、DHAやEPAも含まれていることが知られています。ただ、今は昔ほど魚が食べられていません。効率良く摂取をするのであれば、DHA・EPAサプリをうまく組み合わせるのが良いとされています。足りない分を摂取することで、補うことが可能になります。

男女や年齢別の必要量を知って摂取する

人には男女の区別があり、年齢によってもいろいろな違いがあります。赤ちゃんの頃もあれば、小学生や中学生、そのあと大人になりますが、さらに高齢になることもあります。男女であったり年齢では、必要な栄養分が異なる場合があります。DHA・EPAサプリを効率良く摂取することを考えるならそれぞれの性別や年齢の必要量を知っておくとよいかもしれません。男性の場合、おおむね1日2グラムから2.4グラムくらい、女性なら1.8グラムから2.0グラムくらいとされています。魚などを食べているときはすこし減らす、食べていないときは増やすなど調整をしましょう。

毎日確実に摂取すすることができるサプリ

今は魚よりもお肉が人気です。毎日肉料理が並んでも文句は出ませんが、それが魚だと途端に文句が出ることがあります。料理を作る側としては悩ましいことかもしれません。家族のことを考えて魚を食べてもらうようにすることは大事ですが、食べる量が減ってくればその分栄養分の摂取も少なくなります。魚の栄養分を効率よく取ろうとするならDHA・EPAサプリを活用します。錠剤タイプであったり、カプセルタイプなどがあります。それを毎食や朝起きた時などに食べることで、毎日少しずつ必要量を摂取することができます。足りないことを無くすることができます。

まとめ

DHAやEPAは脳にいいといわれることもあり、できるだけしっかりとり続けたいです。魚を食べなくても取るにはサプリが便利といえるでしょう。それぞれの年齢の必要量を意識しながら摂取をすれば、健康をキープできます。

>>青魚が苦手な人に摂ってほしいEPA・DHAサプリ

TOP