DHA・EPAサプリを選ぶ時のポイントは | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

DHA・EPAサプリを選ぶ時のポイントは

DHAとEPAは、どちらも青魚に多く含まれることで有名です。そして共に健康効果に優れた成分として知られています。でもどちらも同じような特徴に見えて違いがわかりにくいです。DHA・EPAサプリ、この2つの選び方はどのような点に着目して選ぶとよいでしょうか。

DHAとEPAは似ているけれど働き方は違う

DHAもEPAは、どちらも生活習慣病の予防に高い効果を発揮することが知られています。ですのでどちらも同じではないかと感じている方も少なくないでしょう。しかし、身体に働きかける場所や具体的な効果には実ははっきりとした違いがあります。血中の中性脂肪濃度や悪玉コレステロール濃度が高くなったり、血糖値が上昇したりすると、血液はドロドロになります。これらを改善して、動脈硬化や高血圧症などの症状を予防する際にはどちらも有効に働きます。でも働き方が違います。DHAは、血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする効果があって、血流を促します。EPAは、血小板凝集抑制作用が高く働くことにより血栓をつくらせないことで血流をよくしてくれます。そして神経系に働きかける役目があるのはDHAだけです。

サプリメントは両方の成分が入っているものを

サプリメントの良さはなんといっても手軽さです。DHA・EPAを食事でとるのはなかなかむつかしいですがDHA・EPAサプリでしたら効率的に摂取できるので補えない部分はサプリメントで摂取するのも一つの方法として取り入れてみるのも良いでしょう。そして、その際のポイントは、どちらか一つではなく両方をバランスよく摂取することで相乗効果が期待できる点です。例えばEPAは主に血液に働きかけるので、血栓や中性脂肪が体内に溜まるのを防いでくれます。DHAには、脳や目の網膜に働きかけてくれ、記憶力や視力を向上させる効果も期待できます。DHA・EPAサプリの選び方としては両方が入っているものを選ぶことがポイントです。

サプリメントを摂取する際の注意点

両方が入っているサプリメントを選ぶことだけでなく、他にも選び方に注意すべき点があります。それは過剰摂取です。どのサプリでも言えることですが過剰摂取することで副作用が現れることがあります。場合によっては吐き気や下痢、出血が止まりにくくなる副作用が出てしまう危険性があります。利用する時には、目安の摂取量をしっかり守ることが大切です。そして食卓に魚を取り入れる時には、尚更摂取量に気をつける必要があります。そして、血圧を下げる薬や血を固まりにくくする薬を日常的に服用している人も注意が必要です。出血や血圧が下がりすぎるなどの問題が起着ないとも限りません。医師の診断をあおぎましょう。

まとめ

DHAもEPAも健康を維持するだけでなく脳の働きや美容においてもとても良い働きをする積極的に摂りたい成分です。毎日の生活に上手に食事やサプリメントを摂りいれながら過ごせば、身体全体の健康やアンチエイジング効果で若々しさや元気を保つことも期待できます。

>>コレステロールが気になるときのサプリについて

TOP