DHA・EPAサプリを摂取することで健康な身体を | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

DHA・EPAサプリを摂取することで健康な身体を

高齢化社会を迎えた日本社会です。日々の暮らしの中で、健康を大事に考え、健康維持に努める人が多くなりました。しかし年齢が増したことで、運動をすることだけでは健康を維持することが難しく、必要な栄養素を自身で確保するようになっています。この時、サプリメントを摂取することになるのですが、この製品の良いところは、特定の栄養素だけが摂れることです。

サプリメントを選ぶ基準を考える

では、サプリメントを選ぶ基準とは、どのようにすれば良いのでしょう。たくさんの製品が販売されていることから、効率良く選ぶためには、どのような考え方をすると良いのか、考えてみます。そこには、ベース・ヘルス・オプショナルの3点が重要なポイントになります。ベースには、身体の基礎ともなる栄養素の、アミノ酸、ミネラル、ビタミンが含まれるものになります。ヘルスに関しては、免疫力を高め、健康的な暮らしを続けるためのものです。オプショナルでは、その時の体調を考え、体調改善のために摂取するものになるのでしょう。このオプショナルの摂取には、日頃摂取することのないサプリメントが考えられます。摂取前に成分などの確認は、キチンとするべきです。

DHAの効果を知って摂取しましょう

このサプリメントの摂取をするようになる年代は、仕事で忙しくなる中年男性が多いと言われます。生活習慣病から若さや体力を失ってしまった人が、望むとも言われます。そんな中年の人に最適なサプリメントが、DHA・EPAサプリメントです。このDHAとは、酸素数が22個あり、2重結合を6つもつ脂肪酸で、いわしやさば、さんまに多く含まれています。DHAが持つ機能として、心臓や血管へのリスク低減、中性脂肪の低下、血圧を下げると言った効果が言われます。働き盛りの人が悩む、生活習慣病を防ぐための役割を大きくしてくれる効果があります。仕事に集中出来なくなった人などには、最適なサプリメントになります。

EPAの効果を知って摂取しましょう

ではEPAには、どのような働きがあるのでしょう。このEPAは、DHAと同じくいわしやさば、さんまと言った青背の魚に含まれる不飽和脂肪酸を言います。健康を維持して、長寿には欠かせない成分と言われ、高脂血症や閉塞性動脈硬化の改善薬といても、使用されています。また、花粉症やぜんそくの治療にも必要とされる脂肪酸でもあり、改善に役立っています。そして嬉しいことに、脳梗塞や脳血栓などを防ぐ働きもあり、EPAの摂取で、脳の健康にも良いとされています。ではこれらDAH EPAを一日にどれだけ摂取量が必要なのか知っておきましょう。過去において、一日の摂取量は、DHA EPAを1グラムとしていました。ですが、現実では非常に難しい数字と言えるようです。

まとめ

DHA EPAは、いろいろな食品から摂取出来ないため、青背魚に頼ることになります。しかし、一日に必要とされる摂取量を補うには、相当な青魚を食べることになり、無理があります。そこで必要量を確保するために、これらDHA・EPAサプリの摂取が良いとされるようになりました。食事で不足した分をDHA・EPAサプリメントで補い、健康な生活を送るようにしましょう。

>>DHA・EPAのメリット

TOP