普段魚を食べない人に不足しがちな栄養がとれるサプリ | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

普段魚を食べない人に不足しがちな栄養がとれるサプリ

人は食べるものから必要な栄養をとり入れて、体を維持しています。魚からとりいれる栄養も例外ではありません。魚を摂っていないと感じたら、サプリメントの購入を考えてみましょう。DHA・EPAサプリは、血液をサラサラ、頭を良くするなど欠かせない栄養を摂ることができます。

魚に含まれる栄養を普段から摂るのはなぜか

最近魚の価格が高く、食卓から少なくなっているという人もいるかもしれません。また、魚は骨が多く食べにくいから嫌だという人もいると思います。それでも骨を取り除いた、加工された商品も販売されています。それでも昔に比べて魚が取れなくなっており、魚自体の消費量が減っているのは現実です。魚でとれる栄養で有名なのがカルシウムではあるが、他にもDHAやEPAなど人が生きていく上で必要な栄養が含まれています。最近うっかりするという人や、ボーっとするという人は普段の食生活を振り返ってみて下さい。魚をとっていないということに気づくのではないでしょうか。また昔は元気だったのでここ最近は元気がなくなってきて、調子が出ないという人も魚を普段から食べているかを直してみましょう。

サプリが必要な理由は食生活で偏った栄養を摂るため

人間は生きていく上で、様々な食物から必要な栄養を摂ることで身体を維持できます。しかし、魚に関してはしっかりと摂っているか摂っていないかの性激しいというのが事実です。要はしっかりと摂っている人もいる反面、全然摂っていない人もいるということです。たまに食べるから摂っていると思うのは間違いです。でも中にはゆっくり食事をとっている暇がないなど、食べるのに気を使っていられない人もいるかもしれません。栄養の偏りを補うために作られているのがサプリメントです。その中で、青魚に含まれる栄養をとれるサプリとしてあるのがDHA・EPAサプリです。

含有量は多いものを、サプリで推奨される摂取量を摂る

DHAはドコサエキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸の一種で世界的にも注目されている栄養です。ドコサエキサエン酸は精神の安定させ、脳の機能維持と向上、血管をしなやかに保ち動脈硬化などを予防する栄養です。エイコサペンタエン酸は、血液をサラサラにする効果があり、DHA・EPAサプリはその両方の効果が期待できます。また、含有量はサプリメントを購入する際は多いものを購入しましょう。過去には、厚生労働省が推奨量として1日1、000グラムと公表しています。サプリメントはメーカーにより100グラム以下の物から750グラムまで、様々な含有量があるサプリメントが販売されています。含有量を確認して購入しましょう。

まとめ

食生活が乱れる中、いかに必要な栄養を摂っていけるかを常に考えていなければ栄養失調になっていきます。魚は、意識していなければ食べることが知らないうちに少なくなっているというケースもあります。またDHAとEPAは、人の体内で作ることができない栄養です。副作用があると誤解があるかもしれないが、薬と違って副作用や危険性は適量を守っていればほとんどない商品です。

>>DHA・EPAサプリの選び方

TOP