きなりはDHAやEPAの吸収率がとても高いサプリメント | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

きなりはDHAやEPAの吸収率がとても高いサプリメント

きなり 詳細はこちら

最近偏った食生活や運動不足などから自分の健康に自信が持てないという人が増えているようです。食事は健康維持のために非常に重要ですが、忙しい現代人にとって、規則正しいい食生活を送ることも現代では難しくなっているようです。

青魚に多く含まれているDHAとEPA

年齢を重ねるごとに体の不調を自覚する人も増えていきます。血圧が高かったりすると、それが原因となって動脈硬化などにつながる恐れも出てきます。動脈硬化は加齢によって誰でも起こるといわれていますが、血圧などの値をコントロールすることで防ぐことができるともいわれています。そのためには、生活習慣を改善して、肥満であれば体重を減らす努力も必要になります。一般的にさらさらの血液でいることで、病気のリスクは低いとされていますが、さらさらな血液を保つために必要なのがDHAやEPAといわれる成分です。これらは主に青魚に多く含まれています。

ふたつの種類に分類されている脂肪酸

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸ですが、肉類やバターなどにふくまれるものを飽和脂肪酸といいます。これは常温で固まる性質があり、動脈硬化の原因にもなります。これに対して常温で固まりにくい性質の不飽和脂肪酸がイワシやサンマなどの青魚に含まれています。ドコサヘキサエン酸とも呼ばれるDHAは不飽和脂肪酸です。これは脂肪酸の合成に関わる酵素の働きを抑制する作用があるので、心臓病や脳出血などの予防にも役立つとされています。同じく不飽和脂肪酸であるFPAは、エイコサペンタエン酸ともいいます。これはやはり青魚に含まれていて、血栓を予防する成分を含んでいます。

DHAとEPAの酸化防止の素材も含まれているきなり

現在健康維持と増進のために推奨されているDHAとEPAの摂取量の目安は、1日1000㎎とされています。たとえばマグロの赤身のお刺身にするとかなりの量を食べなくてはいけないことになり、食事で推奨される目安量を毎日摂取することはほぼ不可能です。そんなときには、サプリメントの利用が効果的です。きなりは、DHAとEPAの吸収率が非常に高く、この成分がしっかりと摂取できるサプリメントです。加えてきなりにはアスタキサンチンが配合されているクリルオイルが含まれています。これは南極に生息するオキアミから採れる今注目されている新しい素材です。酸化しやすいといわれているDHAやEPAの酸化を防止する効果があります。

まとめ

きなりは体に負担をかけないサプリメントです。副作用もないので健康維持のためには継続して摂取することが効果的です。そのため最低でも3ヶ月は継続することが望ましいとされています。しかし、アスタキサンチンは甲殻類に含まれているため、甲殻アレルギーの人は摂取する前に医師に相談することが必要となります。

オフィシャルサイトはこちら
TOP