悪玉コレステロールが発生する原因とは | コレステロールを下げる方法で効果のあるおすすめサプリ比較サイト!

悪玉コレステロールが発生する原因とは

悪玉コレステロール(LDL)には、肝臓から体の各部へコレステロールを送り出すという大切な働きがあり、一定値以下であれば体に悪影響を及ぼすことはありません。

一方、悪玉コレステロールが血管内で増えすぎてしまうと、血流が滞ってしまうため、動脈硬化や脳梗塞などの発生リスクが高まります。

 

では、そもそも悪玉コレステロールが大量に発生する原因はどこにあるのでしょうか。

 

バランスの悪い食事はLDLを増やす主な原因です

バランスの悪い食事

栄養バランスの偏った食事を続けると、LDLの割合が高くなります。

例えば、脂質や糖質の多い食事を取り続けていると、血液中には消費されない余分なエネルギーが蓄積されてしまい、これが中性脂肪となって体に付いていきます。

中性脂肪の数値が高くなると、それに伴ってLDLも増えることが知られています。

もう1つ注意すべきなのはアルコール飲料の過剰摂取です。アルコールの成分が肝臓で分解されると、それに伴って中性脂肪も生成されることが分かっています。

つまり、アルコールを飲めば飲むほど中性脂肪が生成され、結果としてLDLが増えてしまうというわけです。

 

慢性的な運動不足もLDL発生のリスクを高めてしまいます

肥満になる運動不足

運動をすると血液中の糖分や中性脂肪が消費されるため、必然的にLDLのリスクも下がっていきます。

一方、ほとんど運動をしない人は、血流が悪くなるため基礎代謝が総じて低く、また中性脂肪がほぼ消費されないため、LDLも発生しやすくなってしまうのです。

 

遺伝的要素や他の病気が原因になることもあります。

 

生まれた時から肝臓の働きが弱く、悪玉コレステロール値が高い、というケースも少なからずあります。

遺伝の家族性高コレステロール血症

これは「(FH)」と呼ばれる病気で、遺伝的要因で罹患する疾病のため、残念ながら予防することは困難です。

とはいえ、適切な投薬を受けることにより症状をコントロールすることは可能です。

また、糖尿病や甲状腺疾患によってLDL値が高くなることもあります。そうしたケースでは、専門の医師に相談して具体的な対処法を教えてもらいましょう。

 

まとめ

遺伝的な要因を除いて、悪玉コレステロールの大量発生はある程度予防することが可能です。

暴飲暴食を避けて栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

またジョギングやウォーキングなどの適度な運動をすることも効果的です。

加えて、コレステロールのコントロールに効果のあるサプリメントなども上手に活用しましょう。

TOP